50年のろう付技術に更に新しさを加え大進工業研究所は進化し続けています。 ものづくりから環境事業まで、3つの事業部をご紹介します。
機械・溶剤事業部 溶材部門機械・溶剤事業部 機械部門ハードフェイシング事業部

TOP > ハードフェイシング事業部

各種合金の表面に「耐熱・耐蝕・耐磨耗」に優れた特殊合金を溶着させるハードフェイシング。
高い仕上がりを誇る、その「表面改善技術」を駆使し、お客様のあらゆるニーズに応えます。



ゴム・プラスチック業界

その他、産業機械部品
舶用ディーゼルエンジン部品

1942年「マウントビンダス号」が大西洋で沈没し、20年後に引き上げられました。20年間沈船と共に海底に沈んでいた「ステライト」製品は何等の腐蝕も受けていませんでした。これらの展示品を見た参観者はステライトの耐蝕性のすばらしさと、1942年当時にすでにこれ程完成された合金が製造されていたことに驚かされました。ステライトや自溶性ニッケル合金は表面硬化用溶接材料として代表的なもので、各種金属の表面に耐熱・耐蝕・対摩耗に優れたこれらの特殊合金を溶着させるのがハードフェイシングです。これらの金属は自動車、船舶、科学プラント用バルブなどの損耗を受ける部分の製品や補修に広く使われています。
私たちは多数の特徴のあるハードフェイシング用アロイを正しく選択し、最新の設備と高い技術力で溶接・溶射・精密機械仕上げを行っています。ハードフェイシング加工をした高温高圧用のバルブシート、船舶用排気バルブ、各種樹脂押出しスクリューなどの部分寿命は飛躍的に伸び高い評価を受けています。